疲労回復を実感した食べ物

レモン

残業が続き夜ごはんをあまり食べることができなかったときに、
次の日が休みの昼間に妻にお願いして用意してもらう食材があります。

キャベツと人参の千切りをボール一杯にしてもらい、
レモンかポン酢をつけたものを最初にだしてもらいます。

朝は昼まで寝ているので、最初に野菜をとると、体がシャキッとした感じになるのがわかります。

トマトは丸ごと1個をお皿にのせてもらい何もつけずにかぶりつくと、
酸化作用の高いリコピンが豊富に含まれているので、血がサラサラとなり効果的な野菜です。
トマトはあまり好きではないのですが、体が欲しているので食べられます。

おかずは季節にもよりますが、できればウナギを用意してもらえると
ビタミンB1が豊富なので炭水化物を代謝してくれ、疲れをいやしてくれます。

ホウレンソウにニンニクと赤唐辛子を入れてオリーブ油で炒めたものは、
食欲を増す効果があり、おいしいのでいくらでも食べることができます。

ごはんと納豆と海苔は定番ですが、味噌汁は大豆でできているのでタンパク質が豊富であり、
必須アミノ酸も含まれている理想の食べ物です。

具は玉ねぎや卵や豚肉、わかめなど多くの食材をいれてどんぶり一杯にして用意してもらえると、汁の中に含まれているので食べやすく、いろいろな味を楽しめるので食べているときに元気になることが実感できます。

フルーツには酵素が含まれているのでなんでもよいですが、パイナップルに多く含まれているので、生でもよいですが缶詰でも効果があります。

普段は食後に食べていますが、食前か食事の間の方が腸内環境を整えてくれるということを聞き、疲れた時は実行していますがすぐに吸収してくれるのでお腹にたまることはないです。

イミダペプチド

続きを読む

疲労回復に豚肉を食べています

ハンバーグ

私は疲れて来た時は、豚肉を食べるようにしています。
特に肉体的に疲労が溜まった時に、豚肉は効果的です。

夏は暑さで体力が奪われやすい時期です。
ブタミンパワーと言われるくらい、豚肉には疲労回復の栄養素が詰まっているようです。

豚肉はそのまま焼き肉などで食べても十分に美味しいです。
私は生姜が好きなので、しょうが焼も良く作って食べます。
夏は冷しゃぶだとさっぱりしていて、いくらでも食べられます。

値段的には挽き肉が一番安いので、良く利用します。
挽き肉が安い時に少し多めに買っておき、まとめてハンバーグを作ります。
少し小ぶりのものをたくさん作っておいて、冷凍保存しておきます。

お弁当のおかずにもなりますが、他にも野菜炒めや汁もの、カレーなどにもそのまま入れて使います。
すでにハンバーグとして味が出来上がっているので、かなり美味しく仕上がります。

スーパーでローストポークが売っている時は、たまの贅沢として、それを食べることもあります。
特に夜に行くと、半額などの値引きになっているので、そういう時間を狙って買うようにしています。

豚のこま切れ肉も良く利用します。
豚汁やけんちん汁などに豚こまを入れると、味噌の味と合わさって、とても美味しくなります。

お肉屋さんのコロッケも豚肉がたっぷり入っているものがあり、非常に美味しく元気が出るので、たまに買って食べたりしています。
これからも疲労が溜まった時は、豚肉を食べて体力を回復させて、元気を取り戻したいと思っています。

続きを読む

トマトが大好きなので疲労回復時にもしっかり食べています!

トマト

もともとトマトが大好物でもあり食べると元気がでるし自分自身のテンションもアップする
ことから疲労回復効果を求める時にもしっかりと食べてリフレッシュしています!

あまり私的には好物でもあるので考えずに疲れている時にも普通に食べていただけなのですが
調べてみるとトマトというのは疲労回復効果が高い食材のようです。

トマトにはクエン酸が多く含まれていて新陳代謝を高める効果が優れているので
乳酸をたまりに
くくしてくれる効果もあるといわれているらしいのです。

そして、リコピンが多いのも有名な話で、細胞を傷つけるといわれる活性酸素の除去活動をしてくれるということなので本当にうれしい
食材でもあると思われるのです。

もともと好きな食材に疲労回復効果があったことには驚きでもありました!
うれしいことでもあり
ますね。

トマトやミニトマトはそのままでももちろんたっぷりと食べますが、
ミネストローネスープにし
たりミートソースを作ってみたり、
豚肉で巻いて甘辛く味付けをして照焼きだれで絡めたり

トマトと卵の炒め物を作ってみたりもしていただいています。

自家製のトマトソースは生のフレッシュトマトで作って常に常備しているので
簡単にパスタや
ピザが作れたりもするので日々フル活用させているのです!

加齢により体がどんどんと衰えてしまっているのも感じ、
そして疲労感を感じることも増えて
きているので
しっかりとこれからもトマトを食べて健康維持に役立てていきたいな~と真剣に

思うのでした。

続きを読む

疲労回復のためにいつも梅干を食べています!

梅干

忙しくて疲労感を感じてしまった時や体力低下を感じてしまっている時には
何故だか梅干が食べたくなるのでそのまま食べたりお料理に加えてみたり
アレンジしたりして活用しています!

酸っぱいものが好きなので特に梅干を食べると元気が出る感じがするのです!

熱い緑茶に梅干を入れてゆっくりと飲んだりすると気分までリフレッシュできる
のです!

納豆にはちみつ梅とネギとタレを加えて混ぜ合わせる梅納豆
梅茶漬けなども手軽
に食べられるのでよく食べていたりもします。

夕食時にいただくのであれば豚の大葉と梅巻き、ささみの梅カツ
梅ドレッシングを
作ってトマトと和える!なんていうのも我が家の定番でもあります。

梅干にはもともと疲労回復や食欲増進、濾過予防、食中毒の予防、
二日酔い改善など
の効能があるらしいので理にかなっているのかもしれませんね!

梅をしっかり食べていると疲れがすっきりしてきて翌日にはとれていたりするのを
実感する日々でもあるのでとにかく健康維持効果があると思うのです。

忙しい時ならば梅たっぷりのおにぎりを食べるだけでもいいし
簡単に食べられる
ところも便利でうれしい食材だと感じるのです。

しっかりと数年熟成させた梅干がより体に良いとも言われているので
毎年の恒例行事
として家で自分で梅干作りに励んだりしても素敵かもしれませんね!

自分でおいしい梅干が漬けられたら
しっかりと管理して熟成梅が作れるので疲労回復にはもってこい
だと思うのです!

続きを読む

疲れたときこそ肉料理を

肉料理

疲れすぎていると食欲も落ち、料理をする気にもなれないものですが、
食べずにいたらいつまでたっても元気は取り戻せません。

そんな時に便利なのが豚ヒレ肉のにんにく焼きです。
調理時間は僅か10分、洗い物はフライパンだけという料理とも呼べないような手抜き料理です。

用意するものは豚ヒレ肉、市販のおろしにんにく、塩コショウ、醤油、ポリ袋のみです。
ポリ袋に豚ヒレ肉を入れたら塩コショウを振り入れ、
たっぷりのおろしにんにくを絞り入れたら、袋の上から軽く揉んで馴染ませます。
馴染んだところでフライパンで表面を強火で焼き、
全体体に焼き色が付いたら蓋をして弱火から中火程度に落として中まで焼き、
最後に風味づけ程度に醤油を鍋肌に滑らせるようにいれたら完成です。

疲労回復にビタミンB1が有効なのは有名ですが、
豚ヒレ肉はビタミンB1の含有率が高く、

脂質が少ないので疲れて弱った胃腸にもたれることもありませんし、
にんにくの疲労回復効果も有名ですよね。

そしてにんにくにはビタミンB1の吸収を助ける効果がありますし、
香りに含まれる食欲増進効果で、食欲が無かったはずなのに、
焼いている間に空腹感を感じてしまうかもしれません。
さらに醤油には胃液の分泌を高める効果もあるので、
疲れた体にはうってつけな料理です。

豚ヒレ肉は柔らかく消化効率が高いので、即効性があるのも嬉しいですね。
食事をするのも面倒なくらいに疲れている時でも、食べると翌朝にはかなり回復の実感がありますよ。
日常的に食べるのにはちょっとお値段が張りますが、疲労回復には豚ヒレ肉のにんにく焼きがお勧めです。

続きを読む